ポリマーコーティングとガラスコーティングの差って?

最近ではガソリンスタンドから専門店まで幅広くいろんなコーティングを施工する事ができるようになりました。
以前では購入した車屋さんから施工してもらうのが当たり前でしたが最近では簡単に施工ができるツールもあったりといろんなコーティングを自分自身で選ぶことができます。

今日はたくさんあるコーティングの中でもよく聞くことがあるポリマーコーティングとガラスコーティングの違いを紹介したいと思います。

ガラスコーティングの特徴

持続期間の長さ
ポリマーコーティングと比べると継続期間が大きく変わります。
まめな洗車や手入れをすることがガラスコーティングは1年以上持続します。
ガラスコーティングを施工すると撥水効果や防汚効果が期待でき、塗装面の輝きをいつまでも継続することができます。
その反面、デメリットとしては施工時間がかかってしまう事と金額が大きく違ってきます。
ガラスコーティングの大半は10万前後するものが多く、高額になります。

ポリマーコーティングの特徴
カーショップでも手軽に手に入るポリマーコーティング。
ワックスの延長といってもいいぐらいのものです。1980年代に開発されたポリマーコーティングは塗装を保護する観点で開発された商品。
ワックスよりも高性能なポリマーコーティングは光沢や耐久性が優れており、多くの方に愛用された商品ですよね!

最近ではガソリンスタンドや量販店もポリマーコーティングを施工してくれる業者が沢山あります。
ポリマーコーティングとはシリコンやフッ素を含んだコーティングです。
メリットは施工時間が短く、料金が安いのが特徴です。また、自分で施工できるのもポリマーコーティングのメリットです。
ワックスに比べると効果は持続するので多くの方に愛用頂いております。

大きく違いを分けるなら手軽にできるのがポリマーで時間がかかるのがガラスコーティングです。
両方にメリットデメリットがありお客様の都合やタイミングで選び施工するのが一番だと思います。

ポリマーやガラスコーティングのことならアンティークにご相談ください。

Follow me!

お問い合わせはコチラ

住所 / 〒594-1113 大阪府和泉市黒石町104
営業時間 / 10:00~19:00 定休日 / 日・祝日 予約作業のみ