ドレスアップ車・コンプリートカーの車検対応について

街中を走っている車を見たときに、高さが低く設定してあったり、マフラーが大きくなってうるさい音がしたり、タイヤが太いなどと、何かしらドレスアップを行っているのを見たことがあるかしれません。このようなものをドレスアップ車と言います。市販をベースにあらかじめ内外装のドレスアップを行ったり、チューニングを施した状態で販売されているもののことをコンプリートカーとも呼んでいます。このようなドレスアップ車に乗りたいと思ってるけれども、きちんと車検を通すことはできるのか気になる人は多いかもしれません。法律に違反し道を走るわけにはいきませんが、普通に受けても通らない可能性があるのではないかと思う人も多いものです。
メーカーが発売した車を、自分の好みに変えていくことをドレスアップすると呼んで、これらをドレスアップカーとよんでます。メーカーから購入した状態を純正のまま乗れば、何もドレスアップはしていないということになるでしょう。しかし多くの人はルームミラーをつけたり、カップホルダーをつける、ホイールを変えるなど、何かしらのドレスアップを行っているものです。その中でもエアロパーツをつけたり、車高を低くする、マフラーを変えると走りに関係ある部分を改造する場合には、こだわりも強いことから、周囲から注目を集めることが多いですが、あまりにも入れ過ぎてしまうと車検を通らない可能性も出てきます。
車検を通るためには、保安基準を満たしていることが大前提となります。ディーラーなどの車検の場合には、あまりにも改造していた場合には、断られてしまうケースも見られます。たとえドレスアップしていたとしても、手軽な改造であれば問題なく通りそうであれば、車検を受けてもらうことができるでしょう。通るかどうか怪しいような場合には、ディーラーは信用が第一であることから、最初から受け付けてもらえないケースも見られます。もしも自分のものは怪しいと思うのであれば、ドレスアップカーを多く扱っている業者を探したり、知識を得なければなりません。
方法としては三つのものがあり、そのままでも通る、構造変更検査を受ける、改造車両として登録し直すの三つの方法が挙げられます。そのままだと通らない場合には、運輸局に構造変更申請をしなければなりません。この申請を行って保安基準を満たしていると認定されれば堂々と道を走ることができるでしょう。申請には1週間ほどかかるので、もしも面倒であるならば乗車に依頼するようにしましょう。

Follow me!

お問い合わせはコチラ

住所 / 〒594-1113 大阪府和泉市黒石町104
営業時間 / 10:00~19:00 定休日 / 日・祝日 予約作業のみ